Pienikukkaのアトリエから
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 石旅 in バンコク? | main | レッスンブログ >>
バンコクJTC
そう言えばツーソン石旅ブログもまだ途中のままですが〜〜^^;

忘れないうちに!
バンコク石屋さん巡り、つづきです。

タイの宝石の産地、東部のチャンタブリ、カンボジアに近いところにある街はタイ最大の宝石取引市場になっているようです。

鉱山で主に採れるのはルビーやサファイア。


私の好きな石とはちょっと違うけど、今まであまり意識していなかったものを見るというのも、新境地へ繋がったりして楽しいです♪


チャンタブリの鉱山もとても気になったのですが、聞けばバンコクから車で片道4時間はかかるとのことで、今回はバンコク市内にある石屋さんを案内していただきました。






バンコクJTC(Jewelry Trade Center)
大きなショッピングセンター内に、たくさんの石屋さんが並んでいました。
ワンフロア、隣もその隣もそのまた隣も全部宝石屋さん!

日本でよく行くミネラルショーと同じように、ゆっくり見ていてはいくら時間があっても足りないので、好みのものがありそうな店を選んで次、次!と。



こういう感じ大好き。
ジャラジャラ石の中からピンとくるものを選ぶ楽しさ。
宝探し♪





石はほとんどカラットいくらで計算してくれます。

好みのものを選り分けて計算してもらう時はドキドキ。


ツーソンで買えたようなギラライト、デュモルチェのような石は少なかったですが、タイっぽい〜〜と一目惚れしたのがこちら。



ガネーシャを彫ったアゲートとジャスパー。
インドなどでは富の神様として信仰されているガネーシャは、こちらではパピカネというらしい?

タイは敬虔な仏教国なので、ヒンドゥー教のガネーシャをよく見かけるのは少し不思議だと思ったのですが、その辺は日本も神様仏様というし、クリスマスも楽しむし、似たような緩さなのでしょうか。

ブッダを彫った石もたくさんありました。

ネックレスにしてお守りにしようかな?



こちらはツーソンでも見かけて気になっていた石。

ブドウみたい!色もとても綺麗です。
着色されたような鮮やかな紫色(お店のお姉さんはナチュラルだと言っていた。

ツーソンでも買おうかどうかすごく迷った石ですが、色味や質感が何となくピンとこなかったので購入には至らず。
こんなに綺麗なものにここで出会ったのは引き寄せられたのだと信じて。
置物にする??ジュエリーとしての使い方がよく分からないので、コレクションにすることにしました。


歩いて歩いてお腹も空いて。


美味しいと有名なカオマンガイのお店へ連れてってもらうことに♪


、、が、少し時間が遅かったのかお昼の営業は終わってしまっていたようで残念!

並びに見かけたカオマンガイ屋さんへ。
こちらもきっと人気店なのでしょう、そこそこお昼時を過ぎているのに地元のお客さんでいっぱいでした。



ソースもしっかり辛くて美味しかったです。これに鳥のスープがついて40バーツ、120円ほど。ローカルのお店だと大体こんな感じのようです。安くて美味しくて楽しい♪♪

タイ大好き、タイ料理大好きだけど、必ずセットでついてくるこのスプーンとフォークの上手い使い方がいまだによく分かりません。右?左?
持ち替え持ち替えしながら使ってみるも、???。


食後もまた別のモールに入った石屋さんや問屋さんを巡り。

使いやすいカボションや、ちょっと自分で加工してみたい石などを入手できました。


最近バンコクへ移住してこられたというガイドさんに、タイライフの話もたくさん楽しく聞かせていただいて、とても収穫の多い1日でした。


機会があれば、チャンタブリの鉱山にも行きたいと。

早速石友さんたちにも話をすると、ツアーしよう!と(笑)

またいつか石好きさんたちで鉱山ツアーなどしたいなという夢もできました^^


COMMENT