Pienikukkaのアトリエから
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
春を待つ
今週は寒いですね。
これから節分あたりまでが一番寒い時期だといいますが。
寒いと何かと億劫に、作業ペースも落ちてしまうのです。早く春になって欲しい〜〜



暖かいタイで仕入れてきたトルマリン。
意識したわけではなかったけど、何となく春色。




桜餅みたい。





桜の木の枝に、ころころと並ぶ木の精霊 木霊?

遊び心です。


今年もこの時期のピアス。



たくさんの桜が咲きますように。



2018年レッスンも始めています。
レッスンブログもまた改めて^ ^


作っているところ
石を買ってからしばらくは手元に置いて眺めて楽しむことが多いのですが。

長いと4年とか5年とか^^;


これもそんなコレクション。



テリテリのパライバトルマリン。
石自体が発光しているかのような青緑色のネオンカラー。
海の石。


綺麗な石はあまり飾り気なくシンプルにしたいのです。


でもこの石。
石の主張も強くて、あまりシンプル過ぎるのも、、




少しキラキラとミル打ちの飾りをつけることにしました。




ヤスリや耐水ペーパーを使って丁寧に形にしていきます。全て手作業です。




ひとまずリングを仕上げて。
輪っかの中に水晶の虹が写っていました。



全体のバランスを見ながら、石座の場所を作っていきます。





石座も石のサイズに合わせて銀の板や銀線から作ります。
ロウ付けをしてまた磨いて。




石留め用のタガネでコツコツと石を留めたら完成 !


ミル打ちのキラキラも綺麗なリングになりました ♪


仕事始め
少しずつ日常へ。

今日は仕事始めに。
年末からいただいていたオーダーを1つ。

小粒の可愛いパライバトルマリンを使った片耳ピアス。





2mmほどの小さな石です。
1つしか残っていなかったので、うっかり吹き飛ばしたりはじき飛ばしてしまわないように用心しながら^^;

しっかり磨いてお届けします ♪


最近の必須アイテム。




拡大鏡(笑)




ルーペ。


11月のバンコクで少し石について勉強させてもらってきたのですが、こちらでもルーペが必須。


なんだか手仕事も見る世界もどんどん小さくなっていっている気がしますが^^;
自分の世界はもっとどんどん広げていきたいです。


今年もがんばります。

よろしくお願いいたします。


作ったもの
また急に寒くなりました。
すっきりしないお天気が続くようです。

秋の長雨とはよく言いますが、すすき梅雨ともいうそうです。

雨といえばこの石の出番?




雫型の、雨粒みたいなパライバクォーツ。
青い水玉が可愛いのです。



あみあみの石枠。



飾りバチカンを作ってネックレスにしました。
雨の日に♪




こちらは、たしか3年か4年ほど前の石展で買ってきた石。
バイカラーならぬトリカラートルマリン。
ピンク、緑、紫のシャーベットカラーが3色、綺麗なグラデーションを作るうっとりするような石。
ずーっと、出しては眺めるだけで楽しんでいたのですが。

何にしようか迷って、結局いつでも手元で見ていられるリングに。




金か銀か迷って。
地金はシルバーで作りましたがK18GPで。



華やかなリングになりました♪




なんとなく琵琶湖の夕景のように見えて、迷わず買ったデンドリティッククォーツ。
ツーソンで入手した石です。

水晶の中にシダ状のインクルージョンが広がる不思議な石。
鉱物の僅かな割れ目に金属イオンの溶け込んだ水が入り込むことでこんな模様ができるそうです。
鉱物なのに植物っぽくて温かみがある。模様も1つとして同じものはないので、好みのものを探すのが楽しいです。




唐草風の石枠を作って。




何かの種みたいで、小さな芽みたいな飾りバチカンを作りつけました。




先日嬉しかったこと。
時々ご購入くださるお客さまから、私の作る作品には物語が感じられ石が生き生きして見えると言っていただけたこと。
まさにそんな風に心がけて作り続けているので、本当に嬉しかったです。ありがとうございます^ ^



作っている時




















完成してピッカピカにする前の作る過程の方が好きかも、と思う時がある、、^^;