Pienikukkaのアトリエから
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
作ったもの
また急に寒くなりました。
すっきりしないお天気が続くようです。

秋の長雨とはよく言いますが、すすき梅雨ともいうそうです。

雨といえばこの石の出番?




雫型の、雨粒みたいなパライバクォーツ。
青い水玉が可愛いのです。



あみあみの石枠。



飾りバチカンを作ってネックレスにしました。
雨の日に♪




こちらは、たしか3年か4年ほど前の石展で買ってきた石。
バイカラーならぬトリカラートルマリン。
ピンク、緑、紫のシャーベットカラーが3色、綺麗なグラデーションを作るうっとりするような石。
ずーっと、出しては眺めるだけで楽しんでいたのですが。

何にしようか迷って、結局いつでも手元で見ていられるリングに。




金か銀か迷って。
地金はシルバーで作りましたがK18GPで。



華やかなリングになりました♪




なんとなく琵琶湖の夕景のように見えて、迷わず買ったデンドリティッククォーツ。
ツーソンで入手した石です。

水晶の中にシダ状のインクルージョンが広がる不思議な石。
鉱物の僅かな割れ目に金属イオンの溶け込んだ水が入り込むことでこんな模様ができるそうです。
鉱物なのに植物っぽくて温かみがある。模様も1つとして同じものはないので、好みのものを探すのが楽しいです。




唐草風の石枠を作って。




何かの種みたいで、小さな芽みたいな飾りバチカンを作りつけました。




先日嬉しかったこと。
時々ご購入くださるお客さまから、私の作る作品には物語が感じられ石が生き生きして見えると言っていただけたこと。
まさにそんな風に心がけて作り続けているので、本当に嬉しかったです。ありがとうございます^ ^



作っている時




















完成してピッカピカにする前の作る過程の方が好きかも、と思う時がある、、^^;


刻印作り
久しぶりにタガネ作りなどしています。



魚の模様を打ちたくて。

鉄製の棒状の素材から、ゴーリゴーリと魚を削り出して。

焼き入れという作業をします。

バーナーの炎で真っ赤になったところをじゅーーっと水につけたりドキドキの作業。



ちょっと虹がかかったみたいで綺麗。


これを使って作ったリング。



魚を取りたい猫のリング。


猫モチーフって作りやすくて可愛い♪




大好きな段ボール箱の中でごーろごーろ暴れるににさん。


タガネを打つ音は嫌みたいで、作業を始めるとニャ!ニャ!と抗議をしてきます。困った。。



お知らせ。
2月の1〜12日までお休みをいただきます。
メールでのお問い合わせなどは受け付けておりますが、少しお返事が遅れるかもしれません。
すみませんがよろしくお願いいたします。


オーダー品など
年末年始のお休みをゆっくりしっかりと取ってしまったので、いろいろと追われております〜〜(*_*)

とりあえず最近のご注文品などを少しご紹介。
年を越してしまったものも、やっと全て納品できました。お待たせしました。



綺麗なラブラドライト。私も大好きな石。



シンプルなリングになりました。




雲から顔を出した三日月のリングと、街並みをお散歩するリング。



イニシャルのぽっちが可愛いリングと、ラブラドライトのリング。




ベネチアンガラスと青い眼の小鳥。幸せを運んでくれますように。




わんにゃんのコロンとした肉球。指にしがみついてくるようなリング。




作っている途中に並べてみたくなった花びらたち。



こんな桜の花びらのピアスになります。

桜とパール。フォーマルにも使えます。
もうそんな時期なんですね。1年は早い。。




先週はお伊勢さんに初詣に。
昨年のお礼と今年もよろしくお願いしますと。




レッスンも始めました。
今年一番乗りの作品たち♪

オニキスのリングと、細いシンプルなリング。
いろいろと組み合わせが楽しめそうなリングです。たくさん使ってくださいね^^



猫の親子
久しぶりに作っているものなど。



作っている途中。
なんか汚いですね(笑)

よく作る透かしのペンダントトップ。
猫の親子を入れてみました。




仲良く並んで。




大好きなラブラドライトのカボションを入れます。

子猫の目みたいな色。


ににちゃんが来るまで知らなかったけど、猫の目って子猫のうちはみんな青い灰色っぽい目をしているのだそうです。
キトンブルーというらしい。



ににちゃんもこんな目をしていた。




ちょっと黄色っぽくなってきました。


お母さん猫、どこ行ったんやろねぇ。