Pienikukkaのアトリエから
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
ツーソン2018 覚書6
ツーソン帰路編つづき。


飛行機遅延の影響で一緒に帰れなかったスーツケースは次の便で届き、空港で自宅まで宅急便の手配をしてくれました。

で、後日談になりますが、やっぱり旅行保険には入っておくべきだと思った件。

宅急便で届いたスーツケースの鍵が壊れてしまっていました。
少しの破損だったのでその時には気づくことができず、半年ほど経った頃に使おうとして気づいたんです。

半年も経っているけどダメ元で、、と保険会社に伝えてみると、書類が揃っていれば良いとのこと。


話の流れで、飛行機の遅延があったこととスーツケースだけ後日宅急便で送られてきた事も伝えると、遅延のせいで何か買い足さなければならなかったものなどありませんか?と聞かれ??


成田到着後、その日のうちの伊丹行きは無かったので成田泊だったのですが、着替えや化粧品類なども全てスーツケースの中だったので、空港で少し買い揃えたんですね。
それも補償対象になりますと。なんと!

飛行機遅延の証明書を取り寄せ、飛行機のチケットや荷物遅延レポートなどを探し出し、スーツケースの鍵の修理代の領収書、破損箇所の写真、買い揃えたもののレシートか金額の分かるものなどなど、必要書類一式を揃えるのがちょっと面倒ですが、無事全額返ってきました ♪



保険大事です。飛行機のチケット類などもすぐには捨てずに残しておいて良かった〜〜っと思った件でした。



で、今回はといえば、ダラス経由での帰路は何のトラブルもなくスムーズに帰ってくることができました。



アメリカン航空機内食。丸いコロコロしたのは豆??と思ったら小さなパスタでした。




おやつのサンドと豆菓子にアイスクリーム。
寒い日本へ向かうのにアイスクリーム。。
機内食も楽しみの一つですが、殆ど動かないのにきっちり時間になれば提供されるのでお腹いっぱい(^_^;)



無事に成田に到着したら、再び日本に来ていた寒波に震えながら。。





やっぱり食べたくなるのはお米。
タイ料理屋さんでお疲れ様をして、またいつかツーソンへ。そして次回の石探しイベントの約束もして、今回の石旅はお開きとなりました。






お土産おやつ。
海外のお菓子はカラフルなものも多くて楽しいです。宝石みたい。





石の紹介もしつつ、ぼちぼち作品にしていきます ♪




ツーソン2018 覚書5
ツーソンつづき。


そう言えば、去年の覚書を完結させていませんでした。

帰路編は前回分もまとめて。


もう思い残すことなーい!と、スーツケースに荷物を詰め込み、大事なものは機内持ち込みで。

私は荷物が嵩張るのが嫌で特に衣類系などは最低限しか持たないので、荷物もいつもかなりコンパクトです。
スーツケースも半分スカスカでツーソン入りしたのですが。

帰りはパンパン。
石じゃなくてお土産です。ギュウギュウ押してやっと閉じて(^_^;)


重いスーツケースをヨロヨロ引っ張りながら、空港チェックイン。

預けてしまえば後は身軽なものなので良いのです。


アメリカは出国審査のようなものはありません。
パスポートの出国スタンプもなし。

チェックイン後にセキュリティチェックを済ませ、問題無ければそのまま搭乗ゲートへ進むだけなのでとても簡単。

搭乗時間まではお土産屋さんを見たりカフェスペースでのんびり。




サンドイッチとコーヒーで朝ごはん。


で、昨年はここでトラブルが。。


時間潰しに座っていたベンチにスマホを置き忘れたんです(^_^;)


すぐに気付いて引き返したら、私のスマホを持っている警備員らしきおじさんを発見。

よかったーーー!

それ私のです!

と言うと。


こういう忘れ物は一旦警察官に引き渡すことになっていて、僕が返すわけにはいかないの。警察官を呼んでいるから、来るまで一緒に待ってて。


と。そりゃそうか 〜(^_^;)


飛行機の時間を気にしながら待つこと20分ほど。

向こうからのんびり歩いて来る少し険しい顔のおまわりさんを見て、難しい手続きとかあったら嫌だな〜〜とドキドキです。

このスマホが自分の物だと証明できるものがあるか?と聞かれ。
スマホケースのポケットに運転免許を入れていた事を思い出し、それを伝え免許証の写真を見てもらって、私でしょ?と。


OK,Perfect!


と、おまわりさん急に満面の笑み(笑)

Have a nice day, girl!

おまわりさんと警備員さんに見送られながら搭乗口へ走りました。

girlって(笑)

アジア人は歳より若く見える事が多いらしくて、石友さんと2人でいてもよくgirlsと呼びかけられました。特に私たち背が低いせいもあったのかもしれません。
アルコール類を買うときも、本当に21歳以上??と何度も聞かれたりするのが多少厄介です。


余談は置いておいて、この時、ちょうど飛行機が遅れていたのです。
助かった〜〜(後でそうでも無かったことになるのですが、、、


飛行機が遅れているということは、乗り継ぎ時間が少なくなるということで。
この時の乗り継ぎは広いロサンゼルス空港。
乗り継ぎゲートまでの移動も混雑してなかなか進めない。。預けたスーツケースは帰路はそのまま成田まで運んでくれるため引き取る必要はないので、自分の身ひとつ次のゲートへ走れば。。

本当に走りました。
遠く前方でCAさんが成田!成田ー!ラストコール!と手を振って呼んでいるのが見えてホッとしました。

私たちが乗り込むと同時にドアが閉まり。
やっと一安心。

この短時間でスーツケースも乗り継げたのかね〜〜と石友さんと少し心配しましたが。

的中。


成田到着後、荷物引き受けの回転台に私達の名前を大きく書いたカードがクルクル回っていました(笑)



つづく。

ツーソン2018 覚書4
ツーソンつづき。


今回は買い付けてきた石たちを。



あ、うちのニニさんだ、と目に飛び込んできた石。(右下ににゃんこの後姿)
デンドリティッククォーツ。




デンドリ、デンドリ。

デンドライトオパールも綺麗だけど、やっぱり透明感のあるクォーツが好き。




ヘソナイトの結晶。
観賞用。




エルバイト。これも観賞用。




デュモルチェライトインクォーツ。
クォーツの中の青い針状の結晶がとても綺麗です。




パライバクォーツの結晶詰まり系。



パライバクォーツ、水玉系。
これが一番の目当てでした。

たくさん置いているお店を去年見つけていて、今年もありますように〜〜と。

去年と同じところに、見覚えのあるお兄さんもいた!


でもブースの中にこの石が見当たらず??

パライバクォーツ。水玉の方。去年はたくさんあったのーーっと説明するも、どれの事だろう??と困っている様子のお兄さん。。

これを目的に来た私も、水玉!青いの!と必死です(笑)

しばし考えたあと、あ!メデューサストーン?と、顔がパッと明るくなるお兄さん。


そうでした〜〜あちらではこの水玉のはメデューサというのが一般的なようで、パライバクォーツでは分かりにくかったみたい。肝心なことなのにすっかり忘れてしまっていた。

石の呼び名もいろいろなんです。


こっちの店にあるよと案内してもらった別室のお店にあったーー!


大喜びしていると、これ全部いるか?と大量の石たちをザラザラと。

そんなに要らないので選ばせてください(^◇^;)と。


これのために来たようなものです。
これで旅の目的ほぼ完了 ♪







大好きなトルマリンのルースも、わたし好みの色を発見 ♪


他にもいくつかルースやお客様からのご依頼品なども買い付けて。


ツーソンも近年少しずつ値上がりしているらしいという事を聞いていました。
たしかに、同じ石でも去年より少し値上がりしていたような。。?


もう一つ。
探していた石があったのですが、聞いてまわっても結局探し当てることができずに少し心残りのまま。。



実は帰ってきてから寄った京都のお店で見つけてしまいました(笑)





星の入った水晶。



探しても探しても無い時は無いし、引き寄せられるように思わぬところから出てくるのも石探しの面白いところ。


石のこういう一期一会というか不思議な引き寄せがあるところも、私にとっては魅力の一つなんですね。



つづく。



ツーソン2018 覚書3
ツーソンつづき。


2日目からは石の本気買い ♪




ホテルの朝ごはん。



ワッフルメーカーが置いてありました。
自分で生地を流してセッティングするだけ。


朝ごはんをしっかり食べたら出発 ♪


砂漠性の気候です。
昨年も今年も1度も雨に降られることもなく、空気は乾燥。静電気で髪が逆立つくらい(笑)

朝晩は薄手のダウンを着ていてもいいくらい冷えるのですが、昼間は半袖で良いくらいです。
日差しもかなり強いのでサングラスがないと目がやられます。




会場間は殆どシャトルバスで移動するけれど、近いところなら歩けない距離でもなく、たまに歩いてみたり。






たくさんのテントが並ぶ屋外のお店だったり、ホテルの1室を店舗にしたようなところだったり。

オープンなところもあれば、ID登録をして入館チェック、写真厳禁なところもあります。
いろいろです。




0の数!
100万ドル〜〜。
こんなのが外にごろんと置いてあったり。


適度に休憩したりお昼ご飯を食べられる場所もあります。
メキシコ料理屋さんが多かったかな。



タコスのセット。



ブリトー。



ワッフルのセット。



石の写真があまりありません(^_^;)
持ち帰ってきた分はまた改めてまとめてアップできたら。



バスの運行時間が18時頃まで。日が落ちるのも割と早いので、ホテルに引き上げるのも早いです。


あとは、部屋で翌日の作戦会議という女子会(笑)




夕飯はピザのデリバリーを頼んだり、スーパーで買い出しをしたり。

ミニサラダが全然ミニじゃなかったです。
一番小さなピザも2人では到底食べきれず。。



ビールは710ml缶。




Tボーン。



地元の普通のスーパーだと思うのですが、何かとコストコサイズです。






メキシコで人気だというマルちゃんが山のように。
ツーソンはメキシコ国境に近い場所なんですね。





石の買い物も楽しいけど、こういう地元スーパーなどでのお買い物も楽しいです。




つづく。
ツーソン2018 覚書2
ツーソンつづき。


成田から飛行機を乗り継ぎながら、ツーソンへ着いたのはちょうどお昼時。


日付変更線を超えたり時差があったり、機内でも寝たのか寝てないのかよく分からない状態ですが、またジェムショーへ来た〜〜という嬉しさと、滞在先ホテルのすぐ横が会場の1つになっており。
眠気も吹っ飛びます(笑)







昨年は右も左も分からず移動ルートの把握に必死だったり、自分の好みのお店を探し当てるのに必死だったりした記憶(^_^;)

今年はある程度目星をつけて回ることができました。


街の中の広い範囲に、化石系、原石系、ルース系、ビーズ系、アーティスト作品、民族系などなど、様々なジャンルで会場が点在しています。
無料のシャトルバスが走っているので、行き先を確認しながら乗り繋いでの移動。

バスの時間は決まっているわけではないので、時には小1時間待ってみたり(^_^;)
でもそこで色んな国の人とお喋りする事もできたりして異文化コミュニケーションな感じ。これはこれで楽しいものです♪


1日目はサラッと流して、とりあえず晩御飯に近所のデニーズで乾杯しようーー♪と行ってみるも。。



どーん。




なんとビールなし!

アメリカではアルコールについては日本より厳しいそうで、デニーズのような未成年も多く来るようなファミレスではアルコールは提供されていないのですね。
残念。
アイスティーで乾杯!
砂糖の量(笑)




つづく。