Pienikukkaのアトリエから
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
レッスン作品
最近の生徒さんたちの作品から。




小さなお花のネックレス。1センチほどのとても小さなものです。
銀でできた四つ葉のクローバーみたいで、お守り感覚でもつけられそうです。

ワックス体験で作っていただいたのです。
原型はこんな感じ。



ワックス段階では、なかなか鋳造後のイメージがしにくいです^^;

次回は銀粘土に挑戦していただきます。
色々やってみて、合うもの楽しいものを見つけてくださいね♪




こちらは銀粘土とフュージングガラスのコラボ作品。
大きなガラス作品は焼成から徐冷までの時間がかかるので、お預かりして仕上げは次回ということになっていました。

青から透明へのグラデーションが涼しげです。

もともとモレッティのミルフィオリを使ったフュージングを楽しまれていたそうで、作品も見せていただきました♪





大きめのミルフィオリです。右下の大きな目玉が入ったようなのは、トルコのお守りのナザールボンジュウみたいで面白いですね。


教室のカリキュラムで使うガラスはブルズアイのものです。
メーカーの違いで膨張率や焼成温度が少し違います。
色々試してみて、素敵な作品を作ってくださいね♪

カリキュラムではブルズアイを使いますが、ミルフィオリも個人的に大好きなので、自分の作品に使ったりフリーレッスンなどで扱ったりしています。





こちらはそのミルフィオリの小さいものを使った銀ボタン。
お家で綺麗に並べて撮影してくださいました。

糸も色違いでお洒落に。
銀のボタン。ちょっと贅沢な一点モノです♪



長くなるのでレッスン作品、次回につづきます。



レッスンや作業に使っているお部屋の展示スペースをちゃんと作ろうと思って、棚を綺麗に空けたのですが。




ニニさんの寛ぎスペースになってしまった。。


石を磨いて
最近作っているもの。つづき。




しずく型のパライバクォーツ。
海のイメージだったので。
夏だし。
海のリング。




横から見るとクラゲのように。
遊び心を少し♪










にじいろのさかな。


そんな懐かしい絵本がありました。
虹色のウロコを持つ美しい魚が、幸せは自分だけでは、1人だけで成せるものではない事に気づいていくおはなし。

みんなが幸せな気持ちになれたらいいな。


使っているのはフローライトです。


最近、自分で石を切ったり削ったり磨いたりという事をしています。





この石がこんな形だったら〜〜〜〜と思う事が多かったので。
探して見つからないなら自分で削ればいいんだ!
と気づいて(笑。業者さんに頼むという手もあったのですが、色や模様のバランスや、欲しい時に欲しい石という我儘はなかなか^^;)










お問い合わせをいただいても石がなくてもどかしい思いをする事が多かったのですが、これでちょっと解決^^♪♪




作ったもの
最近作っているもの。つづき。






水玉の可愛いパライバクォーツを使って。
雨の日につけたいリング2種。



よく見ると石の中に小さな虹が見つかったり♪








バンコクの石屋さんで買ってきた大きめのラブラドライトを2つ。


裏へ返すと…






地下帝国のイメージ。







光に透かすと青いモヤモヤがとても綺麗なパライバクォーツ。

ヒマラヤの青いケシという花を思い出しました。
青い花でいっぱいの小さな庭♪


既に全部お客様のところへ行ってしまったのですが。
たまに写真で見返すのが楽しみです♪


作ったもの
最近作ったもの。




これ、ツーソン石旅で買ってきた石。
砂漠にサボテンが生えているような、まさにアリゾナなイメージで面白かったので買ってみたのです。



石枠にもサボテンを生やしてみたりして。
サボテンづくしのトップを作りました♪





これもツーソンの。
大好きなパライバクォーツ。
白いモヤモヤに青いモヤモヤのバイカラー。
パライバクォーツにはこんな風に青い結晶がギュッと詰まったような一面青い石と、青い結晶がパラパラと水晶の中に散らばった水玉の可愛い石がありますが、こういうのも独特で面白い♪



石枠とリングを作って。



結構存在感のあるリングになりました。



後ろから見てもちょっと面白い♪





これは、よく作っている切り絵の箱。

石はフローライトです。
この石はもともとはオーバル型をしていたのですが、どうしてもこの箱の中におはめてしまいたかったので、自分で削って磨きました^ ^



オーロラの箱。



裏から見ると影絵のように見えます。

既にお客さまのもとへ行ったのですが、ムーミンの世界を想像したり、光の加減で明るくなったり薄暗くなったりする感じを楽しんでくださっているとのこと。
いつもそんな風に楽しんでもらえたらと思って作っているので、とても嬉しかったです♪ありがとうございました。



長くなりそうなので、また次回に続きます。


あ!マクラメ編みを始めてみたのです。
何年か前に一度挑戦してみたのですが、どうにもテグスやロウビキ紐というような細い糸を扱うのがあまり得意ではないようで挫折してしまったことがありました。
編み図も難解!

でもどうしてもマクラメで包みたい石があったので、再び挑戦です。




この石。
タイで見かけて一目惚れ。
ガネーシャをカービングしたアゲートとジャスパー。
あちらではパピカネという可愛い呼び方をするらしい。
お守り風のネックレスを作りたくて。
何となく銀や真鍮といったような金属で仕立てるより、マクラメ編みの方が合っている気がしました。




こんな感じに仕上がりました。
これは私のお守りに^ ^



レッスンブログ
春から私事で少しレッスンをお休みさせていただくことが多かったのですが、今週からいつも通りの教室を再開しました。

何かとお待たせしてしまいすみませんでした。
そして、快く待っていてくださってありがとうございますm(_ _)m



久しぶりの賑やかなレッスン、とても楽しかったです♪
では生徒さんたちの作品から。


ワックスの生徒さんの。
ミニバラのリング。
とても小さなバラを、ワックスを盛り付けながら作っていきます。
とても丁寧に綺麗に出来上がりました。
鋳造からかえってくるのが楽しみですね^^




こちらはボリュームのある平打ちリング。
シリンジ線でロシア語を書いたのだそうです。ふにゃんとしたリングに浮かび上がる文字、燻しが良い雰囲気を醸し出しています♪




こちらはガラスフュージングと組み合わせた作品2種。
まだ焼成のみ終わったところで、ここから磨いて仕上げていします。
真っ白で銀には見えないかもしれません。
でもこの白い感じも好きだなぁ。






こちらは、削り出しの甲丸リング2種類。
ヤスリでラインを削っていきます。
丸っこいところをまっすぐ削るのが難しかったかもしれません。
こちらも燻し仕上げをして。
シンプルで女性でも男性でも使えそうなリングです。




こちらは、ミル留めの練習をしたいとのことで。
カラーストーンの周りに丁寧にミル打ちをしていきました。
梨地の優しい質感ところんとしたフォルムが可愛らしいリング。
ミル打ちしたところがキラキラ光って綺麗です♪



こちらはコーヒー豆♪
本物のコーヒー豆から型取りをしたネックレストップ。
カフェで働いているお友達へのプレゼントだそうです。
喜んでもらえますように^^



私も久しぶりに、仕入れた石を眺めたりしながら、作りたいもののイメージがどんどん浮かんできました。

やっぱり物を創り出すのは楽しい♪


プチ仕入れ旅 in バンコク
以前書いたバンコクJTCの続編です。


5月末、雨季に入ったというバンコク。


ポロポロと崩れ落ちてきそうな、まるでテトリスかジェンガのようなビル。
マハナコンは314mというタイで最も高いビルだそうです。

雨季、雲が多いです。湿度もそれなり。

雨季は10月くらいまで。
と聞くとウンザリしそうですが、日本の梅雨のように1日シトシトと降ったりジメジメしている感じはありません。
スコールというのか、雷を伴う激しい雨がザーッと降ってすぐ上がるという感じ。
1日を通して雲も多いので、気温も30〜35度と、最近の日本の夏に比べればまだ涼しい気が^^;

ただ雨の降り方は本当に激しいので、傘を持っていても殆ど役に立たないことも多く、降り出したら雨宿りをして止むのを待つことも。。そんな環境だからか雨よけ、日除けになる軒下は多いです。

余談が長くなりました。


石のご依頼品などもあったので、前回アテンドをお願いした時の記憶を頼りに、再び石探し。

バンコクJTCへ。

BTSの最寄駅から少し歩くので、雨降らないで〜〜と空を見ながら早足で。






綺麗に並べられたルースがセール価格になっていたり。


カービングされたトルマリン。



私の好きな宝探し的な石屋さん。



使いやすそうなサファイアのカボション。



ワックスの原型が売られていたり。
買った石を持っていけばジュエリー加工もしてくれるという感じでした。

作業机があったので、ここで作ってるの?と聞くと殆どはコンピューターを使ってると。
3Dプリンタかな。欲しいな〜。


日本で行くミネラルショー同様一つ一つじっくり見ていてはいくら時間があっても足りないので、好きな物欲しい物がありそうな店を勘を頼りに覗いて歩きました。


あとは問屋さんがたくさん入っているショッピングモール。

私の好きなジャラジャラお宝探しの石屋さんから、ビーズや紐類、梱包資材など、ホールセールになっているお店が多かったです。
石はカラット売り。細かく値札のついていないお店も多くて。

同じような物でもお店によって全然値段が違ったりするのは、お客さんを見て値段を決めているところもあるのだろうなと^^;

なので、値切ればかなり下げてくれるお店もありました。
それなら値切らないと損(笑)

あと、モールのオープン時間に合わせて行っても殆どシャッターが閉まっていて人気も少なく薄暗くて、ちょっと怖いです。
日本みたいに時間にきっちりしていないというかノンビリなのか。。お昼を挟んでもう一度行ってみると、やっと目当てのお店も開いていて、欲しかった物が買えました〜♪


今回、少し今までと違った物が欲しかったのです。長くなったので、それはまた次回^^





あるお寺でひいたおみくじ。

9番。
9はタイでは一番のラッキーナンバーなのだとか。
何て書いてあるのかは滞在先のお姉さんに聞いてみました。

これは宝物にしよう♪♪


レッスンブログ
今日はアートクレイの生徒さんの作品から。



蝶々をモチーフにした透かしペンダント。
シリンジを使って細い銀線を作ります。
とても細くてポキポキ折れてしまうことも^^;
石がキラキラしていて可愛いです♪





こちらも同じくシリンジ作品。
鳥かごのピアス。
ちょっとわかりにくいですが、中に小さな合成石が入っています。
揺れるとそれがコロコロ転がって、鈴のような可愛い音がします。
小鳥さんが可愛く鳴いているようなピアス♪





そしてちょっと面白い生き物の作品。
何か分かりますか?


クリオネとミジンコ〜〜♪

クリオネはブローチ。ミジンコはペンダントトップです。
ブローチピンが少し長かったので、カットして磨いて仕上げてもらいました。




こちらは青い石が綺麗な立て爪のピンキーリング。フリーレッスンの生徒さん作。
横にもダイヤのような石を埋め込んで。
これからの時期にも涼しげなブルー。
たくさん使ってくださいね♪




こちらも涼しげなブルーの石を使ったリング。
V字のアームからコロッと飛び出しているところがポイント。
動きがあって良いです^^



アートクレイ作品、つづきます。



。。。。。


たまには作っている工程。






ヤスリで削って。
指、真っ白です。



模様を彫ったりします。




焼成して磨いて完成♪♪

レッスンブログ
レッスンブログ。
生徒さんの作品からいくつか。


こちらは大きなカボションを使ったリング。


石に合わせて石枠を作って、シンプルなリングを作って、ロウ付けで2つをくっつけて。



石留めをして完成。
今回は石留め用のタガネも作ってもらいました。



こんなの。
鉄を削って焼き入れ作業などします。
リングを作り始めてから完成まで、ちょっと時間がかかりましたが、石を留められるようになると作品の幅も広がる〜♪

ということで、次は小さな石を使った作品つくりに挑戦です。




石枠作り。
小さな銀の筒。




今回はここまで。
小さな作品はチャチャッと簡単にできそうに思えて、なかなかなかなか、細かい作業が多くて難しい〜〜と。
次回も頑張りましょう♪


それからワックスの生徒さんの。


アンティークキーをモチーフに。
細かいところまできっちり丁寧に作り込んでくださいました。




こちらはフェザー。
小さめにころんと。

キャストから帰ってきました。




真鍮製のアンティークキー。
ピッカピカです〜。
革紐などに通したり、ブローチにしても良さそうな♪




フェザーは小さめにころんと。可愛いです。
こちらも真鍮でピッカピカ♪



こちらもワックス作品。



原型はこんな小さなお花が2つ。






お花の後ろにピアスのポストをロウ付けしました。

可愛いお花のピアスの出来上がり♪



アートクレイの生徒さんの作品もまた次に分けてご紹介します。


。。。。。



沖島へ行ってきました。

琵琶湖に浮かぶ島。日本で唯一、淡水湖に浮かぶ有人の島。

猫の島になっているという噂を聞いて、船で渡って。。




ぶらぶらとのんびり歩く。




なんかちょーだいと寄って来てくれた猫さん。




草むらに丸まっていた猫さん。


2匹しか会えませんでした^^;




うちのニニさん。

ドア開けてニャーー!



バンコクJTC
そう言えばツーソン石旅ブログもまだ途中のままですが〜〜^^;

忘れないうちに!
バンコク石屋さん巡り、つづきです。

タイの宝石の産地、東部のチャンタブリ、カンボジアに近いところにある街はタイ最大の宝石取引市場になっているようです。

鉱山で主に採れるのはルビーやサファイア。


私の好きな石とはちょっと違うけど、今まであまり意識していなかったものを見るというのも、新境地へ繋がったりして楽しいです♪


チャンタブリの鉱山もとても気になったのですが、聞けばバンコクから車で片道4時間はかかるとのことで、今回はバンコク市内にある石屋さんを案内していただきました。






バンコクJTC(Jewelry Trade Center)
大きなショッピングセンター内に、たくさんの石屋さんが並んでいました。
ワンフロア、隣もその隣もそのまた隣も全部宝石屋さん!

日本でよく行くミネラルショーと同じように、ゆっくり見ていてはいくら時間があっても足りないので、好みのものがありそうな店を選んで次、次!と。



こういう感じ大好き。
ジャラジャラ石の中からピンとくるものを選ぶ楽しさ。
宝探し♪





石はほとんどカラットいくらで計算してくれます。

好みのものを選り分けて計算してもらう時はドキドキ。


ツーソンで買えたようなギラライト、デュモルチェのような石は少なかったですが、タイっぽい〜〜と一目惚れしたのがこちら。



ガネーシャを彫ったアゲートとジャスパー。
インドなどでは富の神様として信仰されているガネーシャは、こちらではパピカネというらしい?

タイは敬虔な仏教国なので、ヒンドゥー教のガネーシャをよく見かけるのは少し不思議だと思ったのですが、その辺は日本も神様仏様というし、クリスマスも楽しむし、似たような緩さなのでしょうか。

ブッダを彫った石もたくさんありました。

ネックレスにしてお守りにしようかな?



こちらはツーソンでも見かけて気になっていた石。

ブドウみたい!色もとても綺麗です。
着色されたような鮮やかな紫色(お店のお姉さんはナチュラルだと言っていた。

ツーソンでも買おうかどうかすごく迷った石ですが、色味や質感が何となくピンとこなかったので購入には至らず。
こんなに綺麗なものにここで出会ったのは引き寄せられたのだと信じて。
置物にする??ジュエリーとしての使い方がよく分からないので、コレクションにすることにしました。


歩いて歩いてお腹も空いて。


美味しいと有名なカオマンガイのお店へ連れてってもらうことに♪


、、が、少し時間が遅かったのかお昼の営業は終わってしまっていたようで残念!

並びに見かけたカオマンガイ屋さんへ。
こちらもきっと人気店なのでしょう、そこそこお昼時を過ぎているのに地元のお客さんでいっぱいでした。



ソースもしっかり辛くて美味しかったです。これに鳥のスープがついて40バーツ、120円ほど。ローカルのお店だと大体こんな感じのようです。安くて美味しくて楽しい♪♪

タイ大好き、タイ料理大好きだけど、必ずセットでついてくるこのスプーンとフォークの上手い使い方がいまだによく分かりません。右?左?
持ち替え持ち替えしながら使ってみるも、???。


食後もまた別のモールに入った石屋さんや問屋さんを巡り。

使いやすいカボションや、ちょっと自分で加工してみたい石などを入手できました。


最近バンコクへ移住してこられたというガイドさんに、タイライフの話もたくさん楽しく聞かせていただいて、とても収穫の多い1日でした。


機会があれば、チャンタブリの鉱山にも行きたいと。

早速石友さんたちにも話をすると、ツアーしよう!と(笑)

またいつか石好きさんたちで鉱山ツアーなどしたいなという夢もできました^^


石旅 in バンコク?
またまた、久しぶりのブログになりました。

今年の桜は少し遅かったですね。
滋賀の北の方で満開の桜を見ることができました。





絵本の中にいるみたい!




こちらは既に散り始めていた三井寺。
苔と桜の花びらの絨毯が綺麗。
桜吹雪もとても綺麗でした。


で、

やっと暖かくなり始めた春の日本から、暑ーいタイのバンコクへ。

ソンクラン(水かけ祭り)が終わったばかり、今が1年で1番暑い時期のタイです。



昼間の気温は40度近く日差しも強く。
それでも空気が乾いているのか蒸し暑さは感じられません。




タイの国花。ゴールデンシャワーツリー。
鮮やかなマメ科の黄色い可愛い花が鈴なりに咲くところ、ちょっと日本の桜みたい♪






こちらの火のようなオレンジの花の咲く木は、ノックユンというらしい。
ビタミンカラーというのか、見ているだけで元気になれそうな木。

大きな豆のさやが見られます。
タイはマメ科の木が多いかな??



で、今回のバンコク。


プライベートアテンドをお願いして、石屋さん巡りをさせてもらいました。



バンコク石屋さん巡り、次回につづきます。